板橋精機株式会社


HOME会社概要事業所製品紹介CSR採用情報お問い合わせ

今、私達に何ができるか−

ISO9001 ISO14001 グリーン調達 社会活動 一般事業主行動計画

品質への取り組み ISO9001
2003年認証取得(但し、財務経理部は対象外とする)

お客様の求める高品質を安定して継続的にお届けできるよう、品質マネジメントシステムを確立し、認証規格にもとづく管理のもと、日々研鑽に努めております。
厳しい条件下でも耐えうる
品質確保の為の信頼性評価

管理値に基づく正確な測定
による安定した管理


品質方針
「使い勝手のよい基板屋」になる為の最も大事な条件は我々の作るプリント基板の品質が良い事です。その為に、お客様の品質要求事項の徹底理解とそれを実現する「現場」の確立を品質マネジメントシステム(QMS)により行います。
品質マネジメントの運営の最も大事な事は、いかなる妥協も廃して、お客様の「品質要求事項」を実現する事で、その覚悟を品質第一というプロ意識の一つとしてもち、日々研鑽し、作業に従事します。
平成27年11月18日
板橋精機株式会社
代表取締役社長 多田 哲也


▲ページの上部に戻る




環境への取り組み ISO14001


2002年認証取得


環境問題は今や全人類の課題です。 板橋精機は、まず排水処理問題から着手しました。

 廃液の社内処理化を推進する為、両工場に排水処理プラントを設置。
玉造工場においては、日本において最も厳しい基準である霞ヶ浦の
排水基準をクリアーしております。
 また、フィリピン進出の際には、基本方針のひとつであった環境への取り組みとして、日本と同じ基準を適用した排水処理プラントを設け、結果としてこのプラントは、フィリピンにおける日系企業のモデルとなりました。


近年では、銅含有の廃液や汚泥、また廃プラスチックの再利用化に積極的に取り組んでいます。





環境方針
 環境理念
   板橋精機株式会社は、地球環境保全が人類共通の最重要課題との観点に立ち、エレクトロニクス産業の分野において社会の発展に貢献するとともに、環境の保全と改善に向けた取り組みを継続的に推進します。
 基本方針
   板橋精機株式会社は、プリント配線板製造の事業活動(活動、製品及びサービス)に関わる環境影響を評価し、調和の取れたシステムの開発を進めます。
 行動方針
1) お客様のニーズに迅速かつ的確に対応できるコミュニケーション体制を構築し、製品を構成する材料・工法から環境に配慮したプリント配線板の提供に努めます。
2) 環境マネジメントシステム及び環境保全活動を継続的に改善向上し、また、汚染の予防に努める為、当社にかかわる環境側面のうち、次の項目について環境目的・目標を定め、定期的な見直しを行い、活動を展開します。
@エネルギー利用の効率化
A材料資源利用の効率化
B事業活動から排出される廃棄物の削減
 3) 当社の環境側面にかかわる適用可能な環境関連法規制、並びに、当社が同意するその他の要求事項を順守する為、自主管理基準の設定を行うこととします。
 4) この環境方針は文書化し、一般に公開すると共に、板橋精機株式会社で働く又は当社の為に働く全ての人に周知し、実行及び維持する為に環境教育を行い、保全意識の啓蒙に努めます。
 
平成28年10月25日
  板橋精機株式会社
代表取締役社長 多田 哲也


▲ページの上部に戻る




グリーン調達活動


 近年、欧州をはじめとして世界的に環境負荷の少なさを判断基準に部品や備品などを調達するグリーン調達の動きが高まってきており、弊社においても、原材料の調達から環境負荷軽減に取り組んでおります。

 その取り組みが認められ、各お取引様とのグリーン調達に関わる取り決めにも適合判定を頂いております。
今後も環境物質の管理を継続的に行い、環境負荷の低減に努めていく所存です。

 また、多様なニーズにお答えする為、JGPSSI回答ツール,JAMA/JAPIA統一データシート等の専門回答方式にも
対応しております。


▲ページの上部に戻る


社会活動


地域の活動にも積極的に参加し、社会貢献に努めております。

 工場近隣の湖沼環境美化への貢献の一環として、「ひぬま流域クリーン作戦」(主催:クリーンアップひぬまネットワーク事務局)や、
「霞ヶ浦・北浦地域清掃大作戦」(主催:霞ヶ浦問題協議会・大好き いばらき 県民会議・(財)茨城県企業公社)の拠点地区事業へ
定期的に参加しています。







▲ページの上部に戻る



一般事業主行動計画
次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

目標

  雇用環境の整備に関する事項
  ・子育てを行う労働者の雇用環境整備
   →出産に関わる父親の休暇取得の促進
   →出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

  計画期間 平成27年7月1日 〜 平成32年3月31日

  


▲ページの上部に戻る





Copyright(C) Itabashi Seiki Co,. Ltd. All Rights Reserved.